3D/X線CT撮影装置のご案内

当クリニックでは、2008年4月に歯科用CT(フィンランド・プランメカ社製の歯科用CT撮影装置プロマックス)を導入しました! 近年、歯科用小型CT撮影装置(以下歯科用CT)が開発され、活用されるようになりました。
CT撮影とは、コンピュータ断層撮影のことです。歯科用CTは、撮影したところを水平・垂直・斜めにと断面を自由自在に画像表示できるため、従来のX線写真と違い立体的にお口の中の状態を把握するこができます。いままでは見えないものが見える、わからなかった部分がわかるようになるのです。

見つけることのできなかったお口の中の疾患が発見された方もいます。治療の必要に応じて、私たちからCTの撮影をおすすめしますが、ご自分のお口の中の状態をすみずみまで調べて「安心」したい方がいらっしゃいましたら、どうぞ、お気軽にお申し出ください。

写真:3D/X線CT撮影装置

ビックリするほどお口の状態が良くわかります

歯や顎の病気、歯周病や歯根の病気の診断と治療にも使えますし、インプラント治療においても、威力を発揮します。顎の骨の厚さや高さ、大きな血管と神経の位置を正確に調べることができ、その画像を見ながら、的確な治療計画を立てることができるのです。その結果、より「安全・確実・安心」な治療に結びつきます。

*CT撮影に伴う標準的なX線照射量は、平面的なパノラマX線写真の2~5枚撮影分になるようです。

他院と違って撮影枚数が少なく、そのための費用も余分にかかりません!

一般的に、歯科用CTといっても、さまざまな機種があり、例えば、上のアゴと下のアゴと分けて2枚の撮影が必要なものや、さらにグレードが下がると6枚も撮影しないと、上下のアゴと全体の歯が撮影できないものもあります。撮影枚数が多くなり、放射線の被曝量が過剰になると、健康への被害も懸念されますし、費用もそれだけたくさんかかってしまうことでしょう。
当クリニックのフィンランド製プランメカ歯科用CT撮影装置は、高性能であるため、ほとんども場合、必要な時に1枚でOK。何枚も撮影する必要がありません。
※術前・術後などに分けて何枚か撮影することはあります。

当クリニックでCT撮影・診断ができることのメリット

  • 患者さんが、他の医療機関にわざわざ出かける必要がありません。
  • 医科用CT撮影の10分の1程度の被爆線量に大幅軽減を実現しております。
  • いままでは、他の医療機関に出かける手間がかかるためにCT撮影をためらっていた症例でも、当クリニック内で撮影できるため、より正確で詳細な診断ができるようになりました。
  • その結果、インプラント治療では、より「安全・安心・確実」な治療につながります。
  • 歯科用CTのメリットを生かし、歯周治療や根管治療、口腔外科治療などにも、幅広く活用できるようになっております。

3Dイメージングを実現する先進テクノロジー

CTと言えば、医科用の大きなもので、トンネルの中に身体が吸い込まれるような装置をイメージしませんか? ところが、当クリニックに導入した歯科用CT装置は、最新のテクノロジーにより、従来のデジタルパノラマ平面(2D)X線写真を撮影するのと同様に簡単に撮影できます。ですから、撮影に伴う患者さんの負担は、わずかです。この1台でいままでの2D平面X線写真であるパノラマ、セファロ、トモグラフィーも、すべて撮影できるオール・イン・ワン(all-in-one)タイプとなっているのです。 また、撮影は1回194度のスキャンニングだけ、実効X線照射時間も7.2秒と短時間に抑えており、お身体に優しい撮影装置なのです。

マイクロスコープ(顕微鏡)のイメージ2

多様な臨床を支える3次元(3D)イメージング

写真:3次元イメージング画像1

診断価値を高める3次元(3D)イメージングソフトウェア

歯科用CTといっても、いろいろな機種があります。撮影装置の良し悪しもありますが、実は、もっとも重要なのは、CT撮影した画像を画面表示するコンピュータソフトウエアなのです。 当クリニックの歯科用CTは、お口の中の状態を縦・横・正面の3方向でのスライス断面を、さまざまな表現で表示できることはもちろん、斜めにもスライス断面を表示することができるという画期的なソフトウエアを搭載しております。また、画像築造により、実際の顎の状態と同じようにな立体画像も表示できるようになっております。その結果、より充実した診断価値の高い3次元(3D)画像となっているのです。

写真:3次元イメージング画像2