歯根端切除手術

理論に裏打ちされた手術と最先端器具

画像:最先端器具 根の先を単に切除するだけでは、必ずしも良好な治癒は望めません。
根の先のどこの部分をどれくらい切除すれば、再発せず予後がいいかなどを考えながら手術を行います。
マイクロスコープ
画像:マイクロスコープ1 画像:マイクロスコープ2
マイクロスコープで3~20倍で拡大し、かつ明るい確かな術野で手術を行えます。
肉眼では見えない小さな汚れもしっかり確認できます。
マイクロミラー
先端約3mmのチップ
MTAセメント
画像:マイクロミラー 画像:先端約3mmのチップ 画像:MTAセメント
わずかな隙間からでも入れることができるマイクロミラーを使用します。
先端約3mmのチップで根管内をキレイに形成し、仕上げます。
米国で開発されたMTAセメント。生体に馴染み、失われた根の周りの組織を再生させる現在最もよい封鎖材料です。