歯根端切除手術

手術の流れ

手術の流れのイメージ

実際の術式

1.切開・剥離 2.骨の削合 3.根切
画像:切開・剥離 画像:骨の削合 画像:根切
マイクロメスで切開し、歯肉と粘膜を剥がしていきます。
覆われている骨を削り、根の先、病変を確認します。
マイクロミラーで根の先の状態を確認し、バーで切除します。
4.掻爬・逆根管形成 5.逆根管充填  
画像:掻爬・逆根管形成 画像:逆根管充填1 画像:逆根管充填2
根の周りの病変を完全に取り除き、超音波チップで根管の中をキレイに清掃します。
再感染しないためにしっかり根の先から根管の隙間をMTAセメントで完全に閉鎖します。
(逆根管治療)
画像:逆根管充填3
6.縫合    
画像:縫合
歯根端切除の予後の成否は
●根の先の病変を完全に取り切ること
●切除した根の先を完全に閉鎖すること
の2点だといわれています。
肉眼では見えづらいほどの極細の糸で縫合します。これにより、術後傷跡がほとんどわかりません。