ビジュアル診断

ビジュアル診断とは?

歯科診療は、長い間、X線写真だけを頼りに治療を行ってきました。
その後、ハイテクノロジーの電子機器の発展と普及により、時代は大きく変化しました。
現在の最先端歯科診療では…

1.歯科用3D/X線 CT撮影装置

歯科用CTスキャンによるX線画像の撮影により、今までの平面X線写真では見ることができなかった骨の詳しい形や血管・神経の走行までわかるようになりました。すなわち、ビジュアル化され目に見えるようになったのです。しかも3次元立体構造として画像が表現されるようになりました。

2.お口の中のカラー写真

お口の中の写真撮影の画像により、皆様自身がお口の中の状態を見て知ることができるようになりました。

3.マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

高機能の歯科用顕微鏡(Carl Ziss社製)の使用により、目で見えないものを、拡大し、ライトで明るく照らして見えるようになりました。裸眼ではもちろんのこと、メガネや拡大レンズを用いても見えないものが見え、それを録画して皆様にもお見せすることができます。

この3つの要素を組み合わせることで、皆様にわかりやすく、納得できて、
より安全・確実で、より安心できる治療をすることができるようになりました。
それが、ビジュアル診断の大きなメリットです。

歯科用3D/X線 CT撮影装置・診断例

右上の一番奥に親しらずがあり、歯肉の下に斜めに傾斜し、完全に埋まっている状態でした。

手前の歯の根の先に歯冠が入り込んでおり、抜歯が困難なことが予想されます。CT撮影により断面(赤線)でより詳しく診断することになりました。

●水平断画像
手前の歯の根は3本(矢印)あり、その間に歯冠の一部が入り込んでいます。親しらずの歯を分割しないと抜歯は困難かもしれません。

その他にも矢状断、前頭断、3D画像を駆使することで、より的確な診断ができ、結果、患者さんにも安心・安全な治療を提供できます。

当クリニックでは、SimPlant(R)(シムプラント)という、インプラント術前シミュレーションソフトを活用しています。
CT画像撮影後にソフトで作成するリアルな3D画像で治療計画を立て、安全性を高めた手術が実現されます。また、ビジュアルにより、患者さんのインプラント治療に対する理解度も大幅にアップします。