入れ歯でお悩みの方へ

コーヌス治療前・治療後

パターン6(片側遊離端を含む中間欠損)
パターン6-1

治療前

矢印 パターン6-2

治療後

上顎 パターン6-3

治療前

矢印 パターン6-4

治療後

下顎 パターン6-5

治療前

矢印 パターン6-6

治療後

パターン6-イラスト図

【残存歯】上顎:7本
     下顎:9本
コーヌスの土台の歯

●治療前

他院で入れ歯を作製したものの、使えないということで来院されました。見た目が気になることや、咬めない、話しにくい、違和感がある、等の理由で使えなかったようです。
残っている歯も、歯周病が重度に進行している部位があり、残念ながら3本抜歯になりました。抜歯の後は、上下にコーヌスデンチャー治療を行うことになりました。


●治療後

金属のバネがなくなったことで、こんなにきれいに入って幸せですとおっしゃっていただきました。口元を見せるのがうれしいと喜んでいただける声を聴くと、こちらも嬉しくなります。
その後も、継続してメインテナンスに来ていただいており、経過は順調です。

パターン7(片側性遊離端欠損)
パターン7-1

治療前

矢印 パターン7-2

治療後

パターン7-3

治療前

矢印 パターン7-4

治療後

パターン7-イラスト図

【残存歯】上顎:14本
     下顎:11本
コーヌスの土台の歯

●治療前

2、3年前に他院にて入れ歯を左下に作ったものの、カタつきと、違和感が気になり、ほとんど使用していない状態でした。そのため右側でばかり咬む習慣となっており、負担が大きくかかっていたことで、右側の歯周組織にも影響が出てきていました。 喪失した左下奥歯の機能を補う方法としては、コーヌスデンチャーを選択されました。
右下の奥歯は厳しい状態でしたが、虫歯と根の治療、歯ぐきの治療をし、被せ物を作りました。


●治療後

取り外しに慣れてからは、痛みもなく、邪魔にもならず、自分の歯のように左右で食事ができるとおっしゃっていただいています。定期的にクリーニングしながら、右の奥歯も維持している状態です。

パターン8(多数歯中間欠損、両側遊離端欠損)
パターン8-1

治療前

矢印 パターン8-2

治療後

上顎 パターン8-3

治療前

矢印 パターン8-4

治療後 上顎部分はくり抜いています

残っている歯に金属板を付け、その上に磁石付きの入れ歯がのります。入れ歯が外れにくいことと、根が残っているため、噛む感覚が残ることがメリットです。

パターン8-5
下顎 パターン8-6

治療前

矢印 パターン8-7

治療後

パターン8-イラスト図

【残存歯】上顎:5本
     下顎:10本
コーヌスの土台の歯

●治療前

虫歯や、ぐらぐらする歯があるということで来院されました。診査の結果、入れ歯の土台となっていた歯が数本割れており、抜歯が必要な状態でした。骨の状態が薄いため、インプラント治療は困難であり、上下にコーヌスデンチャーを作製することになりました。上顎には磁石の装置を併用する設計です。


●治療後

作製するにあたり、使用中の入れ歯は咬むと低く感じるということも主訴の一つであったため、奥歯の咬み合わせを挙上させました。
また、歯並びに関しても、納得いただけるまで何度か修正を加えました。
歯並びに関して歯科医学的な一定の基準はありますが、皆さんの理想とされる姿は様々です。見た目の印象に与える影響が大きいため、全ての治療において歯並びは大事なポイントとして気を使っています。
上顎の設計は安定のため、金属のバーを用いて左右をつなげることが多いのですが、希望により馬蹄型としました。ただし、強度を持たせるためにしっかりとした補強は行いました。
また、上顎の前歯はあまり状態が良くなく、コーヌスデンチャーの土台とするには不十分でしたが、入れ歯に磁石を併用した設計をすることで、抜歯をせずに済みました。
完成後は、よく咬めるようになり、サラダなどもしっかりかみ切れるようになったそうです。そして、歯並びに関しても、色・形ともにとてもいいと喜んでいただきました。現在は定期検診にて、経過は順調です。

前のページへ戻る