スポーツマウスガード

マウスピース、マウスプロテクターともよばれ、外力から顎(あご)や口のまわりへの衝撃をやわらげ、歯の破折、顎の骨折、口の中のケガを防止する保護装置です。 材料は、やわらかい樹脂でできていて、通常、上顎につけます。

スポーツマウスガード

スポーツマウスガード装着による効果

マウスガードは、ケガを防止するだけではありません。

  • 顎関節への衝撃をやわらげ、脳震盪(のうしんとう)を予防します。
  • 噛み合わせ向上の効果によって、体のバランスを安定させ、筋力の向上もみられ、競技力の向上につながります。
    (ただし、個人差があります。)
  • ケガの心配が少なくなるため、積極的なプレーができるという、心理的な効果があります。

スポーツマウスガード装着が推奨されるスポーツ

格闘技系
  • ボクシング、空手、レスリング、柔道、相撲など

手の打撃による、歯の破折、口の中の粘膜のケガ、脳震盪を防止します。

球技系
  • アメフト、ラグビー、ラクロス、アイスホッケー、野球、ソフトボール、バスケットボール、サッカー、ハンドボール、バレーボールなど

選手同士の接触、ボールでの歯の破折、口の中の粘膜のケガを防止します。
また、転倒した際の脳震盪を予防します。

パワー競技系
  • ウェイトリフティング、綱引き、アームレスリングなど

力をいれる際に強く噛みしめることが多いとされており、その時に歯を保護する効果があります。
また、噛み合わせ向上によって、筋力がアップするといわれています。

個人競技系
  • スキー、スノーボードなど

転倒した際の口の中のケガ、脳震盪を予防し、万一ケガをしても重症化を防ぎます。
また、噛み合わせ向上によって、体のバランスが安定し、競技力が向上します。

スポーツマウスガードの種類

スポーツマウスガードは、スポーツ用品店などで、扱っている市販のものがあります。市販のものは、自分で形を調整して使うため、うまく合わせられず、装着感が良くない、口を開けるとずれる、呼吸しにくいなどの問題を起こすことがあります。
これに対し、歯科医院で作るスポーツマウスガードは、型をとって、一人ひとりの口にぴったり合うように作るので、装着感もよく、衝撃も十分に吸収でき、効果の高いスポーツマウスガードを作ることができます。

スポーツマウスガード製作の流れ

診査・問診

歯列、咬合状態、顎関節症状の有無の確認をします。マウスガードの使用目的、スポーツの種類、マウスガードの色を確認します。

矢印

印象採得・咬合採得

上下顎の歯型をとり、噛み合わせを確認します。

矢印

マウスガードの製作

型どりをしたものに石こうを流し、模型を製作し、その模型に合うように当診療所内の技工士が製作します。

矢印

口腔内での調整

適合、維持、歯肉や歯の痛み、嘔吐感、不快感、噛み合わせを確認し、調整します。

矢印

メインテナンス

材料の関係で、マウスガードが変形したり、劣化したりするため、年一回歯科医院でのチェックをし、場合によっては作り替えが必要です。

※通常は2回の来院で完成します。また、調整が必要な場合もあります。その後、定期的にチェックを受けるようにしてください。

カラーバリエーション

当診療所では、透明、白、黄色、赤、青、緑、黒の7種類から好きな色を選ぶことができます。

カラーバリエーション