ホワイトニング

ホワイトニングとは(そのメカニズム)

ホワイトニングとは、ハブラシなどでは除去できない歯の内部の沈着色素を専用の薬剤により無色透明に分解することで、歯を白く見えるようにする方法です。決して、歯を溶かしたり、削ったりするわけではありませんし、ホワイトニングによって、虫歯になりやすくなるということも一切ありません。
しかし、歯の変色には様々な原因があるため、あなたの歯がホワイトニングの適応かどうかをまずは診査する必要があります。対象となる着色は、コーヒー、お茶、タバコなどの色素の歯の内部への沈着、加齢による変色、全身疾患に由来する歯の変色(テトラサイクリン歯)などです。

ホワイトニングに用いられる薬剤の主成分は過酸化水素です。
過酸化水素は分解して、フリーラジカルを発生し、着色有機質の結合部分を切断します。この作用で、分子が小さくなり、無色透明に変わっていくのです。この反応を促進して歯を白くするために、オフィスホワイトニングでは特殊な光を照射しています。

ホワイトニングを進めるにあたっては、ここまで白くしたいという目標を定めます。どの程度まで白くしたいかという目標は患者さんごとに違いますし、元の色のタイプによって漂白効果にも差が生じます。白くなりにくいタイプの場合であっても、時間をかけて根気よく行うことでかなりの改善は期待できます。
しかし、歯を白くするということには限度があります。
白い歯、というとどのような歯を想像しますが?誰の歯を想像するでしょうか?
元プロ野球選手や芸能人を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、そのような白さを望まれる場合はホワイトニングの適応ではありません。
被せ物(ラミネートベニア等)での対応となります。

ホワイトニングの効果は永久ではありません

後戻りが半年〜1年後にあり得ます。これは、歯に色素が再沈着してくることで起こるもので、残念ながら現在のホワイトニングシステムではこれは避けられません。しかし、適切なホームケア、当院でのメンテナンスで白い歯はより長持ちします。そして、タッチアップを短期間行うことで着色はすぐにとることができます。
そのため、ホワイトニング終了後もトレーは大切に保管してください。