歯列矯正

歯列の治療前・治療後の写真を見る

叢生
(八重歯)
(乱ぐい歯)

歯が重なりあって、でこぼこの状態を叢生(八重歯・乱ぐい歯)といいます。
原因は顎の発育が悪かったり、乳歯の時、むし歯等で早い時期に乳歯の奥歯を抜いたりした場合に見られます。治療期間は比較的短期間で終わります。

治療前
叢生-治療前
矢印
治療後
叢生-治療後

反対咬合
(うけ口)

下の歯が、上の歯より前に出ている噛み合わせを反対咬合(うけ口)といいます。
治療開始は低年齢(6~7歳)がベストですが、大人の方でも程度によっては矯正治療単独でも可能です。

治療前
反対咬合-治療前
矢印
治療後
反対咬合-治療後

上顎前突
(出っ歯)

上の歯が下の歯より、かなり飛び出している噛み合わせを上顎前突(出っ歯)といいます。小学校低学年からの開始が良いのですが、大人になってからでも治療は可能です。大人の場合、治療期間が若干長くかかります。

治療前
上顎前突-治療前
矢印
治療後
上顎前突-治療後

開咬

奥歯は噛んでいても、前歯が噛み合わずに開いている噛み合わせを開咬といいます。
いつまでも指をしゃぶっていたり、舌を出す癖があったり、鼻のとおりがよくないことから口で呼吸してしまうこと等から起こります。開咬は、前歯で食べ物を噛めないばかりでなく、正しい発音もできません。

治療前
開咬-治療前
矢印
治療後
開咬-治療後