予防歯科

新しい虫歯予防

「虫歯菌の量」、「歯を守る力」、「食生活習慣」には個人差があり、
コントロール方法は人それぞれ違います。自分にあった対策を効果的に実行すれば、
虫歯になりにくい口腔環境を保つことができます。

虫歯を引き起こす原因は、主に虫歯菌の数、食事の習慣、歯や唾液の抵抗力の3つ。
歯磨きを熱心に行っていても虫歯になってしまう人がいます。なぜでしょう?
そんな疑問にお答えするのが私たちの役目です。あなたのお口の中の特徴がわかれば、適切な指導とアドバイスをすることができます。
生涯自分の歯で過ごせるよう、歯医者さんと2人3脚で取り組むことが新しい虫歯予防の考え方なのです。

次のような方におすすめします

●歯磨きしても虫歯になりやすいと感じる方 ●家族に虫歯が多い方 ●虫歯予防を行いたい
●定期健診を希望している         ●出産予定の方

検査は簡単!質問に答えて5分間ガムを噛むだけ

ガムを噛んで唾液を出してもらいます。その唾液と試薬を使って、虫歯菌の量と唾液の質(歯を守る力)を調べます。
約20分後に結果をお知らせし、あなたにとって最も効果的な予防法をご提案いたします。
※ガムが噛めない乳幼児でも検査ができます。

1.食生活や歯磨き習慣等について聞き取りをします。

食生活や歯磨き習慣等について聞き取りをします。

2.五分間ガムを噛みながら、唾液を出します。

五分間ガムを噛みながら、唾液を出します。

3.試薬と唾液を反応させて、虫歯菌の量と唾液の質を調べます。 ~約20分~

試薬と唾液を反応させて、虫歯菌の量と唾液の質を調べます。

4.検査結果をお伝えし、あなたに合った予防方法をご提案します。

検査結果をお伝えし、あなたに合った予防方法をご提案します。

カリエスリスク検査

カリエスリスク検査で、あなたの虫歯になる原因がわかります。虫歯にならないためには、歯磨きだけでは不十分です。 原因が違えば予防方法も人それぞれ違います。自分にあった最適な予防方法を理解し、実践してみませんか?

カリエスリスク 左:高い 右:低い
判定012
唾液分泌量(測定時間:5分)

唾液量を調べます。唾液が多く出るほど…
●口の中の食べ物を早く洗い流す。
●歯の質を強くしてくれる。
●充分な抗菌作用がある。

10ml以上
多い
3.5~10ml
普通
3.5ml以下
少ない
唾液緩衝能

唾液緩衝能とは、酸を中和する能力のことです。食後、歯がとけやすい(脱灰しやすい)環境から、どのくらいの時間で通常の状態に戻るのかを調べます。

唾液緩衝能判定用カラーチャート
高い 普通 弱い
ミュータンス菌の数

虫歯のきっかけをつくる菌です。ミュータンス菌は親から子へと感染します。ご自身のミュータンス菌の数を知り、減らす努力をすることが大切です。

ミュータンス菌の数 少ない~非常に多い
培養の結果

唾液分泌量が多い人や唾液緩衝能が高い人は虫歯になりにくいといえます。