予防歯科

学校歯科検診について

定期的に行われる学校での歯科検診がおわると、歯科検診のお知らせ(治療カード等とよばれている)を子供たちは持ってきます。そこには…

 (1)a  乳歯にムシ歯があります。
 (2)b  永久歯にムシ歯があります。
 (3)c  ムシ歯はありません。 など(学校により異なります)と記入されています。

しかし、ムシ歯があります、と記入されていても当診療所で見る限り、来院する患者さんで治す必要のないケースがかなりあるようです。
学校で行う歯科検診というのは、あくまでスクリーニングです。あやしいかな?と思われる所はチェックしますから、少し色がついていればムシ歯とチェックされるのがほとんどです。
詳しい検査もせずに色がついているので削って詰めましょう、となると、どんどん色が着色しているだけの健全な歯も削られてしまいます。

この溝の着色が、金属の詰物(インレー)になってしまったら…。
あなたはどう思いますか?

お子さんが治療カードを持ってきたら、本当にムシ歯なのかよく調べてくれる歯医者さんに行きましょう。

治療の要否判定

当診療所では、できるだけ歯を削らないようにしています。もし、必要があって削る場合、必要最小限の切削を心がけております。