予防歯科

プラークについて

プラ-クとは歯の表面についた細菌の塊です。この細菌が、ムシ歯、歯周病を引き起こす最大の原因になるのです。

プラーク

お口の中の細菌
(顕微鏡での様子)

1mgのプラークの中に
1億個の菌が住んでいます。

ムシ歯
  1. 細菌が出す酸により歯が溶け出す。
  2. 脱灰。
  3. ムシ歯の発生。(穴があく)
  4. 進行。
  5. 神経に到達する。
  6. 根の先まで細菌に侵される。
  7. 歯が崩壊し、残根になる。
  8. 抜歯。
歯周病
  1. 細菌が歯周ポケット内にたまる。歯周ポケットの歯根側に付着。細菌から毒素が出て炎症が始まる。
  2. 歯肉が腫れ、出血がみられる。歯周ポケットが増加し、その中にプラークが入り込みやすくなる。
  3. プラークの石灰化。歯石の形成。
  4. 健康な歯周組織と歯の結合が破壊される。
  5. 歯槽骨の吸収。
  6. 歯周ポケットがさらに深くなる。
  7. 膿が出る、グラグラする。
  8. 抜歯。

場所によっては、歯ブラシで落としきれないプラークがついています。
それらのプラークは定期的に取り除くことが大事です。

歯周ポケット内を清掃している写真

歯周ポケット内を清掃している所

スケーリング & ルートプレーニング