歯周病治療

歯周病の原因

下記のチャートであなたの歯周病の進行具合、治療方法などを確認しましょう。
※チャートはあくまで参考程度ですので、歯医者さんでしっかり見てもらうようにしてください。

初期
歯肉炎 軽度~中等度歯周炎 重度歯周炎 抜歯

プラーク(細菌の塊)が増えると、細菌のもつ毒素がひきがねとなり歯ぐきに炎症がおこります。歯ぐきが赤くなりブヨブヨするため、歯ブラシにより出血があります。

歯肉炎がさらに進むと、歯を支える骨(歯槽骨)まで及んできます。歯と歯ぐきの間の深さ(歯周ポケット)が4mm~6mmと深くなり出血や膿が出てきます。歯ぐきが下がり、冷たいものがしみるなどの症状もでてきます。

歯肉炎がさらに進行するとだまっていても出血したり膿が出たりします。口臭もひどくなります。骨の吸収が著しくなり歯が動揺します。

歯周病の原因

歯周病は歯周病原菌の感染によって起こります。これらの菌が歯肉溝(歯と歯ぐきの境目)の中で増殖すると、歯周ポケットが形成され、歯と付着していた歯肉が歯面からはがされ、続いて歯肉が腫れ、さらに進行すると歯槽骨が破壊されてしまいます。

健康な歯肉といっても一生同じ状態が続くわけではありません。年とともに歯ぐきも変化してきます。歯肉の形などは多少変化するものの、出血がなく、ハリのある、つややかな歯ぐきがよいといえるでしょう。