ムシ歯治療

診断結果

下記のチャートであなたの歯の進行具合、治療方法などを確認しましょう。
※チャートはあくまで参考程度ですので、歯医者さんでしっかり見てもらうようにしてください。

ムシ歯は、程度によりC1 、C2 、C3 、C4 に分けられます。
CはCaries(カリエス)=ムシ歯の意味です。

 
初期
脱灰 C1 C2 C3 C4

糖質が酸に変化し、歯のエナメル質から、カルシウムやリン酸を溶かしていきます。

痛みなどの自覚症状なし

歯の表面に白い斑点となって現れ、だんだん黒ずんできます。奥歯では溝に沿って進行することがあります。この段階で治したいものです。

冷たい水や風が歯にしみる

ムシ歯はエナメル質と象牙質との境にそって、横に広がるため、小さな穴に見えても、広い範囲を削らなければならないことがあります。

熱いものもしみてズキズキ

こうなるともう神経(歯髄)を取ってしまうしかありません。

歯の根だけ残る末期症状

歯冠がほとんどなくなった状態です。治療途中で放置されているとこうなることがあります。

●削らず

●プロフェッショナル・クリーニング

●フッ素塗布

●神経の保存が可能

●X線写真で確認後、麻酔を使用し、治療開始

●神経の保存が不可能

●X線写真で確認後、根管の状態を調べ、麻酔を使用し、治療開始

歯の保存が不可能

フッ素について詳しく知る
つめる・金属 はめこむ・金属 はめこむ・金属
つめる・プラスチック はめこむ・貴金属
歯の一部が欠けた場所を、かぶせものなどで補い、歯の形や咬み合わせを回復することを修復治療や補綴(ほてつ)治療といいます。 はめこむ・セラミック

各種補綴治療のご案内
神経を取る
根管充填
抜歯
根管治療について詳しく知る